サービス利用規定|紙資料の電子化パックサービス【ジャスパッド(JusPaD)】|株式会社東京シー・エム・シー

サービス利用規定




サービス利用規定



電子データ化サービス範囲
① 弊社より配送するコンテナ(通い箱)に、電子データ化する資料・図書を詰め、返送していただき、その資料・図書を電子データ化します。
② パイプ式ファイル・フラットファイル(紙)に閉じられているもので、クリップやホチキス・付箋を簡単に取り外しできるものといたします。クリップやホチキス・付箋などはできる限り取り除いてください。
③ パイプ式ファイル・フラットファイル(紙ファイル)に閉じられている資料は、整理されているものとし、並べ替えや選択など整理を伴う場合は、別途追加料金が必要となります。
④ スキャニングする資料・図書は、自動紙送り可能なA4・A3(B5・B4)サイズとし、その他のサイズ(大判等)はオプション料金とさせていただきます。
⑤ 解像度300dpi・カラーでのスキャニングを基本とさせていただきますが、解像度およびモノクロ・2値の変更は、ご相談の上対応させていただきます。
⑥ 電子データはPDF形式といたします。その他の形式に関しては、ご相談の上対応させていただきます。
⑦ ファイル名付与は標準パターンから選んでいただきます。個別対応の場合は、別途追加料金が必要となります。




別途見積もり対応範囲
① 自動紙送り可能なA2(B3)以上の用紙サイズ。
② 自動紙送りできない劣化図面や青焼き図面は、手置きによるスキャニング(要相談)
③ 以下のものは裁断せず、手置きによるスキャニング(要相談)
 ・製本されている完成図書など
 ・契約書等で袋とじされているもの
④ 薄い専用用紙やカーボン式の伝票など(要相談)
⑤ ファイル名の標準パターンに合わない場合(要相談)




電子データ化できないもの
① 著作権や肖像権などが設定されているもの・・・例:書籍・雑誌・芸術作品(絵画・デザイン画など)・その他
② 証明書・免状など・・・例:資格証明書・パスポート・運転免許証・健康保険証・その他
③ 公序良俗に反する、わいせつ・暴力的な写真や文章など
④ 反社会勢力にかかわる、もしくはそのおそれがあるもの
⑤ 法律で禁止されているもの・・・例:紙幣・証券・債権・小切手・手形、収入印紙・切手・定期券・その他
⑥ その他、弊社において、不適切と判断したものや、判断が困難なもの



 

mail

メールでのお問合せはこちら